富田たく公式WEBサイト

杉並区議会・第1回定例会開会!来年度予算案の審議スタート!!(区政報告ニュース153号)

区政報告ニュース

コメントはまだありません


Share this post

◆負担増から区民生活を守る予算を!

日本共産党_杉並区議会議員_富田たく_区政報告ニュース_153_1 日本共産党_杉並区議会議員_富田たく_区政報告ニュース_153_2

2月9日(金)から杉並区議会第一回定例会がスタートしました。閉会は3月15日(木)の予定で、1ヶ月強の会期の中で区長から提案された来年度(2018年度)予算案の審議が行われます。
国政での安倍政権の暴走政治により、社会保障費の削減などが進められるなかで、区民の生活は日々苦しくなるばかりです。毎年のように引き上げられる国保料や介護保険料、来年10月に予定されている消費税の10%への増税など、国の悪政から区民生活を守る予算編成が求められます。
しかし田中区長は区民の負担増に目を背け、杉並区の豊かな財政力をハコモノ行政や550億円の税金ため込みに費やす予算案を提出しました。
今後の議会質疑の中で、皆さんの生活を守る予算編成に転換できるよう、全力を尽くします。

日本共産党_杉並区議会議員_富田たく_区政報告ニュース_153_image02

つづきを読む

杉並区に対して、2018年の年頭の申し入れを行いました。

議員活動

コメントはまだありません


Share this post
日本共産党杉並区議団は1月10日、杉並区に対して年頭の申し入れを実施し、安倍政権のもとで進められようとしている憲法9条改憲や社会保障改悪に対し、杉並区が区民のくらしと福祉、平和を守る防波堤の役割を果たすとともに、区民の声を反映した区政運営に努めることを要請しました。
申し入れ内容は、全12項目にわたり、国政に関するものとしては、国に対し憲法9条の改憲に反対の声を上げること、核兵器禁止条約への参加を求めること、生活保護基準引き下げの中止を求めること等、国政に対して杉並区が基礎自治体としての責務を果たすことを求めるものが3項目です。
杉並区政に関しては、国民健康保険料の都道府県広域化に伴う保険料負担や第七期介護保険制度改定による介護保険料負担の軽減、就学援助の拡充、区民の声を無視した「区立施設再編整備計画」の中止・撤回などを求めるものが9項目です。
日本共産党_杉並区議会議員_富田たく_区政報告ニュース_153_image01
以下、申し入れ全文です。

つづきを読む

2018年、みなさんの声と共に政治を変えていく年に!!(区政報告ニュース152号)

区政報告ニュース

コメントはまだありません


Share this post
2018年の新しい年が幕を開けました。
国政では戦争する国づくりに執念を燃やす安倍首相が、平和を求める国民の声を無視して、憲法9条改悪に着手しようとしています。
杉並区では区長の暴走が深刻化し区民負担増、学校統廃合、区立施設削減、保育園の民営化や強引な公園転用などが強行され、区内各地で多くの区民が疑問の声を上げています。
国政でも区政でも、私たちの声を聴かない暴走政治をストップさせるため、今年も全力を尽くします。

日本共産党_杉並区議会議員_富田たく_区政報告ニュース_152_1 日本共産党_杉並区議会議員_富田たく_区政報告ニュース_152_2

つづきを読む

杉並区議会で無責任な区の姿勢を追求!工事の遅れを住民のせいにするな!(区政報告ニュース151号)

区政報告ニュース

コメントはまだありません


Share this post
杉並区議会第4回定例会が11月16日から12月6日の日程で開かれ、私・富田たくは一般質問と総務財政委員会で質疑を行いました。一般質問では「①方南町駅のバリアフリー対策について、②投票率向上の取り組みについて」の2項目を質疑しました。
また、総務財政委員会では「高円寺地区・小中一貫教育校の施設整備」予算を含む補正予算の審議を行いました。

◆ひどすぎる!!杉並区が工事の遅れを住民のせいに

【総務財政委員会で質疑】
教育予算を削減するために進められている杉四小、杉八小、高中の学校統廃合計画で、施設一体型小中一貫校の建設が高中校庭で行われています。その工事が遅延していることから新校の開校が予定より1年遅れて平成32年4月となると杉並区が発表しました。その際、杉並区は保護者などへの説明で、工期の遅れは住民による「工事妨害」だとしたことに批判が集中しています。
総務財政委員会で私は、責任転嫁も甚だしい区の無責任な姿勢について、厳しく非難するとともに不適切で不正確な発表を即時撤回し謝罪することを求めました。

日本共産党_杉並区議会議員_富田たく_区政報告ニュース_151_1 日本共産党_杉並区議会議員_富田たく_区政報告ニュース_151_2

つづきを読む

待ってました!!東京メトロ方南町駅12月9日からエレベータ利用開始!!(区政報告ニュース150号)

区政報告ニュース

コメントはまだありません


Share this post

◆新設出入口・エスカレータ多機能トイレも利用開始

長年にわたり地域の方々の念願だった東京メトロ方南町駅のエレベータ設置工事が完了し、12月9日(土)の始発から利用が開始されるとの連絡が、東京メトロ本社から私・富田たくの携帯電話に届きました。
また、日を同じくして杉並区役所都市整備部からも同様の通知が文章にて届きました。
2010年11月にエレベータ用地取得の連絡があってからエレベータ利用開始まで、まる7年と思った以上の時間が経ちましたが、町会、商店会など地域の方々の声や、「東京メトロ利用者の会」の署名運動・直接交渉など粘り強い運動が実を結びました。
エレベータ、エスカレータを含む新設出入り口は方南町交差点の南西側、環七通り沿いの東京シティ信用金庫跡地です。

日本共産党_杉並区議会議員_富田たく_区政報告ニュース_150_1 日本共産党_杉並区議会議員_富田たく_区政報告ニュース_150_2

つづきを読む