富田たく公式WEBサイト

杉並区議会超党派有志によるアピールが実現!憲法違反の戦争立法は廃案へ!!(区政報告ニュース122号 2015.7.12発行)

区政報告ニュース

コメントはまだありません


Share this post

◆党派の枠を超え17名の区議会議員がアピール

杉並区議会議員の有志17名が党派の枠組みを超え、国会で審議されている平和安全法制いわゆる「戦争法案」の廃案を求め6月21日(日)、26日(金)の二日間、高円寺駅や阿佐谷駅等でアピール行動を行いました。

.

◆民主、社民、生活者ネット、無所属区議、共産党が集結!

戦争立法の廃案アピール行動に賛同したのは杉並区議会48名の議員のうち、共産党6名、民主党4名、生活者ネットワーク2名、無所属区民派2名、社民党1名、緑の党1名、無所属1名の計17名です。
区議会では様々な政策で立場が異なり論戦を繰り広げておりますが、自民党・公明党・安倍政権の憲法違反の暴走をストップさせるという一点で、政党・会派の枠を超え共同することになりました。
.

◆シール投票で8割が反対!

各駅頭でのアピール行動では各区議が戦争法案廃案を求めるリレートークを行いながら、シール投票に取り組みました。二日間で192名がシール投票を行い、反対は80.7%と多数を占め、賛成は5.7%にとどまりました。この民意を安倍政権に届け、戦争立法を廃案に追い込むため、今後も共同の取り組みを続けていきます。

.

◆ニュース122号(2015.7.12)PDF ⇒ tomitataku_news_122

【内容】 杉並区議会超党派有志によるアピールが実現!憲法違反の戦争立法は廃案へ!! ・ ご存知ですか?「徘徊高齢者探索システム」 ・ 杉並のいきもの紹介75『ニホンスッポン(Pelodiscus sinensis)』

日本共産党_杉並区議会議員_富田たく_区政報告ニュース_122_1 日本共産党_杉並区議会議員_富田たく_区政報告ニュース_122_2