富田たく公式WEBサイト

2015年第1回杉並区議会定例会スタート!区民生活を守る予算編成を!(区政報告ニュース113号)

区政報告ニュース

コメントはまだありません


Share this post
議会質問の準備などで、この間に発行した区政報告ニュースをブログにアップできていませんでした。ということで少し遅くなってしまいましたが、区政報告ニュース113号です~。

◆少子化を食い止めるために子育て支援の抜本的拡充を!

2月10日から杉並区議会第1回定例会がスタートいたしました。この時期に行われる区議会は来年度の予算を審議する重要な議会です。昨年4月からの消費税8%への増税を受け区民生活は苦しい状況が続くなか、安倍政権の暴走政治からいかに区民の生活を守る区政を実現していくのかが問われています。
杉並区長は「少子高齢化社会へのチャレンジ予算」と名づけた来年度予算案を議会に提案しました。認可保育園増設などの予算が盛り込まれていることは評価できる点ですが、少子化を食い止めるためには本当の意味で「子育てしやすい環境」を実現する必要があります。そのような意味で、子育て支援の拠点である児童館施設の全廃などが依然として進められている点は大きな問題です。
今後開催される予算特別委員会の集中審議のなかで評価できる部分と問題のある部分を明確にし、国の悪政から住民の皆さまのくらしを守る予算編成に転換できるよう全力をつくします。

◆ニュース113号(2015.2.22)PDF ⇒ tomitataku_news_113

【内容】 2015年第1回杉並区議会定例会スタート!区民生活を守る予算編成を! ・  児童館、保育園、お餅つきでコマ回し!! ・ 杉並のいきもの紹介69『アカマツ(Pinus densiflora)』

日本共産党_杉並区議会議員_富田たく_区政報告ニュース_113_1 日本共産党_杉並区議会議員_富田たく_区政報告ニュース_113_2

※上に表示されているのは画像ファイルです。印刷用はPDFファイルをダウンロードしてください。
過去のニュースはコチラ ⇒ http://www.tomitataku.jp/news